58c72bdeaf9691ab4a5f03197cad21c1
高郷comachiの『んめぇニュース』

農泊『やまゆり』さん

2019/03/13 09:00 旅行・お出かけ 趣味 くらし 家族 健康

『農泊』とは・・・(・・?

農泊とは、農家民宿だけではなく、ホテル、旅館など、

旅行者のニーズにあった宿泊手段で、農山漁村に滞在し交流を楽しみながら、地域の魅力を味わってもらうのが農泊とされてるようです。

https://www.city.kitakata.fukushima.jp/soshiki/kanko/836.html


今回は、高郷町の大谷地区で、農泊『やまゆり』さんをされている

『物江さん』ご夫婦に、お話をお伺いしました。

http://www.kitakata-gt.jp/farmers/detail.php?i=45




物江さんご夫婦は、地域に積極的に参加・協力して高郷町での生活を、

とっても楽しんでいらっしゃる、笑顔が素敵なご夫婦です。(*‘∀‘)

物江さんのお宅には、お花がたくさんあって癒されるんです。

写真の花は『カランコエ』です。






自宅を宿泊施設にし、農業の体験を指導したりと・・・

農泊を営むにはたくさんのご苦労があると思うのですが・・・


先日も、台湾から修学旅行で農泊に来た高校生との交流で自分達の勉強にもなったとおっしゃる物江さんご夫婦。


なぜ?そんなに地域の活性化に尽力たいのだろう?

楽しみながら、生きる!あふれるパワーの秘訣!はなんだろう?


お話を伺う中で、人生を楽しく楽に生きる考え方を教わりました( *´艸`)





お住まいの『大谷地区』を活性化したい!と言う想いがカタチになったのが、

農泊なんじゃないかな?と物江さんご夫婦。


会社に所属して、ただただ給料をもらう為に仕事をしているだけでは、

自分が楽しくないし、見返りも少ないだろう。

会社の業績を良くしたいと奮闘すれば、ボーナスが出たりやり甲斐が生まれて

自分が楽しくなるのではないかと。



地域に所属するのは、会社に所属するのと似たような考え方で

生き甲斐を大切にし、前向きな考え方を心がけ生きれば、いいんじゃないかな?

と思っているそうです。(*'▽')


地域の活性化が、自分の暮らしの活性化へとつながると思えばこそ

尽力する事も苦にならず、楽しめるそうです。




『自分がおもしゃぐねー思いをするのが、悔しいから』と

私がやってやってる!・認めて欲しい!と、人に求める考えを止めたそうです。

※おもしゃぐねー=面白くない

物江さんのお宅の癒しポイントその②( *´艸`)

奥様の律子さんの手作りお菓子(#^.^#)

この日は、くるみゆべしと文旦ピールを頂きました。



とってもお料理上手な、奥様の律子さん。

クックパッドのレシピ掲載でもお世話になっています(*‘∀‘)

https://cookpad.com/recipe/5468067



ここに住むと、田畑をいじったりしてやる事がある。

『やることがあるのが幸せ』と律子さんは言います。

日々の生活に、生き甲斐を感じて暮らしたいし、高郷をもっと売り込みたい!と、SNSの勉強の場にも、積極的に参加されているんです(*´ω`)





前向きな考えを持ち、地域愛にあふれ、

人生を楽しみたいと思っていらっしゃる、素敵なご夫婦のお話でした(#^.^#)


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください